Zoomの使い方③色々な画面の種類

Zoomを活用しての取り組みが急速に加速している近頃。コロナ以前からZoomを活用してたくさんの取り組みを行っています。Zoomで開催されるイベントに参加してみたい方、またZoomを活用して様々なことを主催したい方に役立つ事があれば良いなと私が気づいた事などをシェアしたいと思います。

①画面の種類

Zoomには大きく2種類の画面があります。「スピーカービュー」と「ギャラリービュー」です。

スピーカービュー

スピーカービュー
話している人が大きく画面に表示されます。

ギャラリービュー

ギャラリービュー
参加者全員が映る設定(デバイスによって表示される人数は異なります)

②二種類のスピーカービュー

スピーカービューにも2種類あります。macの全画面モードかそうでないかでレイアウトが変わります。

全画面モードでは参加者がフロートで表示され、通常モードでは上部に固定表示されます。

全画面モード

全画面モード

通常モード

通常モード

二種類の画面共有モード

画面共有モードも全画面モードかそうでないかで変わります。スピーカービューと同じで、フロート表示と固定表示がされます。

全画面モード

全画面モードだと共有画面の右端に参加者が表示されます。

通常モード

通常モードだと画面共有の上に参加者が表示されます。

④左右表示モード

画面共有中のオプションに「左右表示モード」があります。これをONにする事で、レイアウトを変える事ができます。          ↓↓

↓↓↓
  左右表示モードを選択する              ↑↑↑

左右表示モード スピーカービュー

左右表示モード ギャラリービュー

自分と相手がみている画面が異なることってありませんか?

このような設定の違いなどによって変わります。知っておくと便利かなぁと思いました。

zoomを活用してオンラインイベントをしたい方向けセミナー6月も開催致します。6月17日(水) 20時半から22時半 参加費5000円

詳細は下記から

 912 total views,  2 views today