働く人の幸せを育む歯科医院研修

離職率低下、自分らしく健やかに働ける組織作り 

人間関係の悩みを回復。選択理論心理学 経営者、マネジメントにも効果的オインラインで学べる。歯科医院、離職率低下、より良い人間関係、歯科衛生士悩み、自分らしく生きる、歯科コンサルタント、カウンセリング、美人、ストレスフリー、分子栄養学、幸せを育む

多くの歯科医院で抱える悩み

歯科衛生士が定着しない。 こんなお悩みありませんか?

歯科衛生士の離職理由の第3位には、

職場の人間関係

歯科医療振興財団の事業報告によると、2019年、2月時点の歯科衛生士名簿登録者数は28万3,032人です。

歯科衛生士の国家資格を持ちながら、未就業もしくは歯科から離れている人が約15万人も存在している。離職理由3位となっている人間関係は5年前に比べると、2.3%から7.7%と大きく増加しています。

職場内のより良い人間関係の構築が、離職率の低下を実現する。歯科衛生士が自分らしくいきいきと働く環境を提供できることで、ヤル気やモチベーションアップに繋がり、歯科衛生士のスキルが上がったり、患者様の信頼関係が構築されたり、チーム力がアップしていく。長い目でみると、医院収入のアップに繋がると言えます。

現場の声 

  • ✔︎ 人の話を聞かなかったり、自分のことばかり話すスタッフが多い
  • ✔︎自分を正当化する院長、スタッフが多い
  • ✔︎被害者意識が強いスタッフが多い
  • ✔︎Noと言えず、嫌なことが断れない
  • ✔︎不機嫌な人の機嫌をとったり、相手に気を使っている
  • ✔︎相手の評価が気になる
  • ✔︎相談できる人がいない
  • ✔︎自分のことを理解してくれる人がいない
  • ✔︎やりたいことが出来ない
  • ✔︎勉強できる環境がない
  • ✔︎嫌な仕事を先輩や院長から押し付けられる
  • ✔︎院長の診療方針についての説明が不足している
  • ✔︎院長が人によって態度が違う
  • ✔︎院長が売り上げにしか興味がない
  • ✔︎院長がスタッフの幸せを考えてくれない

働きたいと思える歯科医院作り

院長が1人で、診療はできません。歯科はスタッフあってこそのチーム医療なのです。 スタッフが安心して働ける職場作り、働き続けたいと思う歯科医院作りに力を入れてみませんか?

 340 total views,  2 views today